HOME > Voice & Report TOP > ミュージアムインタビュー TOP > vol.1 香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM 導入ミュージアムインタビュー

ミュージアム名

次々に増えるコレクションの洪水に押し流されない
スピーディな処理が可能になりました。
事務局長 田所 菜穂子さん
事務局長 田所 菜穂子さん

-館内をぐるっと拝見しましたが、子供たちの視線に配慮されていますね。ウチの子供も連れてくれば良かったと思いました。

田所さん:ありがとうございます。私どもの館は少し特殊で、イラストやアニメの原画から、玩具まで扱っています。それが毎年、大量に送られてきますから、数の増加が凄くて。舞台裏はドタバタしていますよ (笑)。

-その舞台裏にI.B.MUSEUMをご導入いただいたわけですが、どんなきっかけで?

田所さん:あの当時は、ファイル作成ソフトを使ってデータを整理していたんですが、担当する学芸員が2名しかいなくて。とにかく、文字データを入力するので精一杯だったんですよね。

-それは大変でしたね。館の性格からすると、画像管理は必須ですよね。

田所さん:そうなんです。そんな時、財団の監事から、財産管理を厳格に行うため、作品に保険をかけたほうが良いという助言をいただきまして。イラストだけで2000点もありますから、私たちだけではデータベース化するのは無理と判断して、何か良いシステムはないかと探し始めたんです。

-なるほど。I.B.MUSEUMはどこでお知りになりましたか?

田所さん:ちょうどいいタイミングで、早稲田さんから案内をいただいたんですよ(笑)。近隣の博物館さんに相談したんですが、そこもI.B.MUSEUMを使っておられたので、それなら問題ないかな、と。

-あ、当社のDMですね、突然のご連絡で失礼しました(笑)。それで、いろんなシステムを比較検討はなさらなかったんですか?

田所さん:しませんでしたね。とにかく財産を守ること、早く保険の手続きを終えることで頭がイッパイでした(笑)。

-でも、予算を立てる時に、求められませんでしたか?

田所さん:ウチは町立の博物館ですが、作品は財団のものなので、システムの予算も財団からいただいたんです。これが町の予算だったら、システム選定のための手続きがもう少し必要だったかもしれませんが、比較的スムーズでしたね。


小さい子どものはしゃぐ声がこだまする
エントランス

-実際にお使いになって、I.B.MUSEUMの使用感はいかがですか? 最初の期待値を100とすると、いまの点数は…?

田所さん:当時の課題だった画像登録は本当にスムーズでしたし、そのおかげで保険の手続きもうまくいきましたし、満足していますよ。それ以外の使い勝手はまだ工夫できると思うので、70点くらいかな?

-そう言えば、まさにいま、当社で部分修正を承っております(笑)。修正するたびに、少しずつ加点していただけるのでしょうか?

田所さん:ご心配なく(笑)。ウチは作品数がどんどん増えていますから、最初に決めた項目の構成も、常に見直す必要があるんです。ウチの視点ではなく、ほかの美術館さんや博物館さんの視点で見れば、まったく問題はないのだろうと思いますよ。

-データ項目の構成のほかに、お気付きの点はありますか?

田所さん:そうですね……外部の企画展に作品を貸し出すことが多いのですが、「貸出中」の情報がひと目で表示できるといいですね。それから、3Dレイアウトのシステムも使わせていただいてますが、画面の縮尺の関係でしょうか、業者さんにお出しする図面がうまく打ち出せなくて。この後、ご相談してもいいですか?(笑)

-了解しました。別途、詳しくお聞かせください(笑)。

田所さん:ついでに、いまお願いしている機能改善の費用のお話のほうも……(笑)。


敷地に入るとアンパンマンの石造がお出迎え。
子どもたちの期待も高まります。

-最後に、当初の最大課題であった収蔵作品のデータベース化を成功されたわけですが、これから目指す館の方々にご助言などありましたら、お願いします。

田所さん:資料管理は、一番大切な基本。でも、「わかっちゃいるけど、溜まっちゃう」という感じなのでしょうね……ウチもそうでした(笑)。でも、自戒を込めて言いますと、「溜めると後が大変ですよ?」「対策は早めにしたほうがいいですよ?」と。

-人員不足に苦しんでおられる館が多いですから、切実ですね。

田所さん:早めがいいのはみんな自覚しているけれど、行動に移すのはなかなか難しいというのが、美術館さん・博物館さんの本音だと思いますよ。

-そうした現状を打破しようと、指定管理者制度など民間のノウハウを注入して採算を取ろうという動きが活発です。これについてはどう思われますか?

田所さん:博物館を「建物」としてビルメンテナンスのように管理していただくだけなら良いと思うんですけどね。そういう方面の管理支援なら、ぜひお願いしたいものですが……。

-館の運営管理となると、かなりの専門分野ですよね。

田所さん:そうなんですよ。作品の管理には知識や経験が必要ですから、館の特性に合わせた最適な運用方法は、時間をかけて探っていくしかないのでは。運営・管理体制に一貫性を保てなくなることがあるなら、問題だと思いますよ。

-じっくり検討したい問題ですよね。本日はどうもありがとうございました。
 

<取材年月:2005年11月>

MUSEUM PROFILE

香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム
その名の通り、人気キャラクター「アンパンマン」にまつわるモノを集めたミュージアム。館内には子供が遊べるスペースも用意されており、床下を覗くとアンパンマンの人形が見えるなど、アイデアもいっぱい。休憩用のベンチもちゃんと子供サイズで、随所に細かい気配りが感じられる博物館です。名誉館長はもちろん、やなせたかし氏ご本人。
ホームページ : http://www.anpanman-museum.net/
〒781-4212 高知県香美市香北町美良布 1224-2
TEL:0887-59-2300
資料のご請求はこちらへ。 — 美術館・博物館向け収蔵品管理システムから、実務に役立つ読み物まで。

PAGETOP