HOME > Voice & Report TOP > ミュージアムインタビュー TOP

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM 導入ミュージアムインタビュー

システムのご検討をお始めの前に。収蔵品管理システム I.B.MUSEUM 導入ミュージアムインタビュー MUSEUM INTERVIEW(写真:香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム)

SEARCH INTERVIEW

130 群馬県立歴史博物館
130 群馬県立歴史博物館
この夏、館のリニューアルに伴うグランドオープンを果たしたばかりという好タイミングの訪問。よくよく話を伺ってみると、とてつもない大仕事でした…。
<17年10月>
群馬県立歴史博物館本文を読む
129 石川県立美術館
129 石川県立美術館
弊社システムをご導入いただいたのは1年半ほど前ですが、実は17年ほどのお付き合い。やっとご縁ができたということで、ご感想を細かく伺ってきました。
<17年9月>
石川県立美術館本文を読む
128 仙台文学館
128 仙台文学館
長くお使いの図書館システムから、博物館システムへ。館の性質から「使いにくくないかな」と心配しましたが、逆に元気な提案をたくさんいただきました。
<17年7月>
仙台文学館本文を読む
127 大阪市立東洋陶磁美術館
127 大阪市立東洋陶磁美術館
弊社製から他社製へ、再び弊社の博物館クラウドへ。一見奇妙なシステム遍歴に見えますが、その裏には、根本的な課題に取り組む方々の奮闘がありました。
<17年7月>
大阪市立東洋陶磁美術館本文を読む
126 名古屋大学減災連携研究センター(減災館)
126 名古屋大学減災連携研究センター(減災館)
着任まもなくデータベース構築に乗り出した司書。主に図書の管理が目的なのに博物館クラウドを選んだ理由は?その柔軟で現実的なご判断に感心しました。
<17年6月>
名古屋大学減災連携研究センター(減災館)本文を読む
125 藤枝市郷土博物館・文学館
125 藤枝市郷土博物館・文学館
パッケージ版とクラウド版、それぞれのI.B.MUSEUM をご利用の2館が同じ敷地内に共存する、珍しいケース。学芸員の奮闘ぶりに頭が下がりました。
<17年6月>
藤枝市郷土博物館・文学館本文を読む
124 多治見市モザイクタイルミュージアム
124 多治見市モザイクタイルミュージアム
すでにデータベースを作っていた新規オープンのミュージアムが、博物館クラウドをご導入。その背景には、とある出来事と関係者の熱い想いがありました。
<17年2月>
多治見市モザイクタイルミュージアム本文を読む
123 舞鶴引揚記念館
123 舞鶴引揚記念館
戦後の引き揚げ関連の資料を多数所蔵する館が、クラウド型システム導入からほどなく館内でデータを公開。そのスピード感の裏側には、強い想いがありました。
<16年12月>
舞鶴引揚記念館本文を読む
122 天城町立ユイの館
122 天城町立ユイの館
南西諸島の奄美群島に属する、鹿児島県の徳之島。突如システムを導入し、早々にデータを公開されたと聞いて訪ねると…前向きなお話で盛り上がりました。
<16年10月>
天城町立ユイの館本文を読む
121 種子島開発総合センター(鉄砲館)
121 種子島開発総合センター(鉄砲館)
JAXAの宇宙センターでも有名な種子島。やっと訪問することができた…と思ったら、スゴい作業をしておられてビックリ! 秘訣は「前向きな姿勢」でした。
<16年10月>
種子島開発総合センター(鉄砲館)本文を読む
120 郷さくら美術館
120 郷さくら美術館
いつも多くの来館者の方々で賑わう大人気の館。導入直前の弊社「ポケット学芸員」のお話のほか、数千人にのぼる「固定ファン」獲得の秘訣も伺いました。
<16年8月>
郷さくら美術館本文を読む
119 九州産業大学美術館
119 九州産業大学美術館
お陰様で多くの館にご利用いただいているアプリ「ポケット学芸員」。こちらでは実に効果的な活用法を実践されていると聞き、さっそくお話を伺いました。
<16年7月>
九州産業大学美術館本文を読む
118 大洲市立博物館
118 大洲市立博物館
時代で異なる管理手法に少数精鋭で対応してきた、歴史ある博物館。短期間でのシステム導入の喜びも束の間、すでに新たな課題に向き合っておられました。
<16年5月>
大洲市立博物館本文を読む
117 福井市立郷土歴史博物館
117 福井市立郷土歴史博物館
お陰様でご好評のI.B.MUSEUM SaaS の新サービス、「ポケット学芸員」。さっそく4か国語ガイドを実現された館にお邪魔すると…何と「手づくり」でした!
<16年4月>
福井市立郷土歴史博物館本文を読む
116 香川県立ミュージアム
116 香川県立ミュージアム
博物館勤務の方が異動先でI.B.MUSEUMと「再会」されるケースは割とあり、10年、20年というお付き合いも珍しくありません。今回も、昔話に花が咲きました。
<16年3月>
香川県立ミュージアム本文を読む
115 埼玉県立近代美術館
115 埼玉県立近代美術館
20年来のお付き合いのミュージアムが、最近、博物館クラウドに移行。早くも作品情報の公開まで漕ぎ着けたと聞いて、さっそくその秘訣を伺ってきました。
<16年1月>
埼玉県立近代美術館本文を読む
114 パナソニック 汐留ミュージアム
114 パナソニック 汐留ミュージアム
都心のビジネスパーソンの皆様にはお馴染みの人気館。博物館クラウドご導入のきっかけは、何と「全国博物館大会」でのインタビュアーのプレゼンでした。
<16年1月>
パナソニック 汐留ミュージアム本文を読む
113 遠野市立博物館
113 遠野市立博物館
長い検討期間をかけて、ついにシステムを導入。予算的に有利な博物館クラウドの導入から1年半、手間のかかる作業も厭わず使いこなしておられました。
<15年12月>
遠野市立博物館本文を読む
112 呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム
112 呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム
皆さんよくご存じのランドマーク博物館が、「博物館クラウド」をご導入。すぐに使いこなしておられる上に、早くも5000枚もの写真を公開。さすがでした。
<15年9月>
呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム本文を読む
111 愛知県陶磁美術館
111 愛知県陶磁美術館
データの保管法に不安があり、それを払拭するために導入した博物館クラウド。「やりたいことがこんなに増える」という前向きな姿勢が印象に残りました。
<15年6月>
愛知県陶磁美術館本文を読む
110 福岡アジア美術館
110 福岡アジア美術館
学芸員はたくさんいるのに、システムのご担当は一人だけ。なぜだろうと不思議に思っていたら、独自の管理法を確立しておられました。勉強になりました。
<15年6月>
福岡アジア美術館本文を読む
109 金沢市立玉川図書館 近世史料館
109 金沢市立玉川図書館 近世史料館
加賀藩前田家本家から寄贈された貴重史料を所蔵する史料館。学生時代に通った経験を持つ学芸員が、かつて抱いた要望を実現する…というドラマのようなお話も。
<15年5月>
金沢市立玉川図書館 近世史料館本文を読む
108 青梅市郷土博物館
108 青梅市郷土博物館
パッケージからクラウドへと移行された郷土博物館。お話をうかがう中で、システム導入以前のお仕事のエピソードへ。改めて学芸員の凄さを思い知りました…。
<15年3月>
青梅市郷土博物館本文を読む
107 市川市東山魁夷記念館
107 市川市東山魁夷記念館
特殊な収蔵品の分類づくりや項目分けに苦しみながらも、見事にシステムの移行を果たした若い学芸員。お疲れかと思いきや、さらに大きな目標をお持ちでした。
<15年2月>
市川市東山魁夷記念館本文を読む
106 独立行政法人 造幣局 造幣博物館
106 独立行政法人 造幣局 造幣博物館
今回は、造幣局内の博物館。それ自体が歴史的資料のような帳簿の中の貴重なデータの数々を、どうITに落とし込むのか。その現場は、さすがのひとことでした。
<15年1月>
独立行政法人 造幣局 造幣博物館本文を読む
105 知多市歴史民俗博物館
105 知多市歴史民俗博物館
当インタビューの第101回でご登場いただいた川崎市高津区の取り組みを参考に、ご自身でアレンジした活用法をご考案! さすが先進館と唸らされた事例です。
<14年11月>
知多市歴史民俗博物館本文を読む
104 金沢美術工芸大学 美術工芸研究所
104 金沢美術工芸大学 美術工芸研究所
博物館クラウド導入から何と1か月で収蔵品情報をネット公開。素晴らしいスピードでデータ整備が進んだ秘訣は、スタッフの創意と「お試し版」にありました。
<14年10月>
金沢美術工芸大学 美術工芸研究所本文を読む
103 諸橋近代美術館
103 諸橋近代美術館
ご着任から半年ほどの学芸員さん、基本操作に慣れられた頃かな…と思って訪ねたところ、専門的なご質問が次々と。驚くような活用法までお聞きできました。
<14年9月>
諸橋近代美術館本文を読む
102 四日市市立博物館
102 四日市市立博物館
展示のリニューアルに新規併設施設との調整と、大忙しの博物館。地域ミュージアムの姿勢からシステムの細かい改善提案まで、実に中身の濃いお話を伺えました。
<14年8月>
四日市市立博物館本文を読む
101 川崎市高津区 高津区ふるさとアーカイブ事業
101 川崎市高津区 高津区ふるさとアーカイブ事業
風景や生活を記録した古写真を住民からご寄贈いただき、まちの記憶を留めるためにデジタルアーカイブ化する素晴らしい事業をご紹介。自治体の皆様、必見です!
<14年8月>
川崎市高津区 高津区ふるさとアーカイブ事業本文を読む
100 刈谷市美術館
100 刈谷市美術館
この企画も、今回で100回目。同時に、博物館クラウドの導入館も100館を突破。記念すべきインタビューでは、勉強になるお話をたくさんお聞きできました。
<14年7月>
刈谷市美術館本文を読む
99 東京都美術館
99 東京都美術館
作品ではなく、図書管理に使えるのでは…。今回は、博物館クラウドの少し変わった活用法をご紹介。ご存じ「日本で最初の公立美術館」、東京都美術館様での事例です。
<14年6月>
東京都美術館本文を読む
98 野田市郷土博物館・市民会館
98 野田市郷土博物館・市民会館
通常は業者に委託することが多いデータの移行作業までお一人で担当。すごいITスキルを持つ学芸員もいるなあと感心していたら、やはりご苦労がおありでした。
<14年6月>
野田市郷土博物館・市民会館本文を読む
97 鹿児島県立埋蔵文化財センター
97 鹿児島県立埋蔵文化財センター
今春リニューアルされたばかりのシステムでは、特殊なカスタマイズを実施。その理由は、膨大なデータ件数もさることながら、「情報の探し方」にありました。
<14年5月>
鹿児島県立埋蔵文化財センター本文を読む
96 姫路市立美術館
96 姫路市立美術館
博物館クラウドの利用開始からわずか1年足らずで、もう作品情報をネット公開中! すごいスピードで実現できた秘訣とは? たっぷりお話を伺ってきました。
<14年4月>
姫路市立美術館本文を読む
95 江別市郷土資料館
95 江別市郷土資料館
弊社の創業当時から20年来のユーザ様が、独自システムから博物館クラウドにお乗り換え。何とワープロ時代のデータも登録されていると聞き、感無量でした…。
<14年2月>
江別市郷土資料館本文を読む
94 関西大学博物館
94 関西大学博物館
学芸員に代わって事務方スタッフが導入を主導し、運用では学生たちも大活躍の収蔵品データベース。地域に開かれた大学博物館の取り組みを取材してきました。
<13年12月>
関西大学博物館本文を読む
93 田淵行男記念館
93 田淵行男記念館
一美術ファンとしても注目していた、田淵行男の細密画。インタビュアーが魅せられたのは、自社システムの公開機能がきっかけ。幸せな気分でお邪魔しました。
<13年11月>
田淵行男記念館本文を読む
92 川崎市岡本太郎美術館
92 川崎市岡本太郎美術館
3代目のシステムとして、I.B.MUSEUM SaaSをご導入。日常業務でしっかり使いこなしておられる館だけに、現場視点のアドバイスをたくさんいただきました。
<13年6月>
川崎市岡本太郎美術館本文を読む
90 さいたま市立博物館
90 さいたま市立博物館
市内4館で個別に運用されていたデータを、博物館クラウドに統合。他館に対する質問も「たらい回し」にしないなど、目を見張るサービスの充実化が進行中です。
<13年5月>
さいたま市立博物館本文を読む
89 世田谷文学館
89 世田谷文学館
仕事への思いが強いほど、システムの負担も大きくなる…。悩ましい課題に対し、考え方を切り替えることで対応した担当者。キーワードは「システム脳」でした。
<13年5月>
世田谷文学館本文を読む
88 かごしま近代文学館 かごしまメルヘン館
88 かごしま近代文学館 かごしまメルヘン館
2つの施設を内包する上に、新規資料も大量に受け入れ。子どもたちに大人気で目が回る忙しさなのに、データ整備にも意欲的。大奮闘の現場にお邪魔しました。
<13年5月>
かごしま近代文学館 かごしまメルヘン館本文を読む
87 イルフ童画館
87 イルフ童画館
寄贈を機会に所蔵点数が一気に増えたことから、博物館クラウドを導入。いまやソーシャルメディアまで使いこなす先進館は、元気が出るお話でいっぱいでした。
<13年4月>
イルフ童画館本文を読む
86 福山市中央図書館
86 福山市中央図書館
博物館システムは、実は他の分野の施設にも貢献可能です…というわけで、今回は図書館アーカイブの好事例をご紹介。当インタビュー初の図書館のご登場です!
<13年3月>
福山市中央図書館本文を読む
85 沼津市明治史料館
85 沼津市明治史料館
学芸員が1人しかいないのに、13万点の資料データをどう整備しているのか? I.B.MUSEUM SaaSの記念すべき第1号ユーザ様へのインタビューが実現しました!
<13年1月>
沼津市明治史料館本文を読む
84 浜松市楽器博物館
84 浜松市楽器博物館
学芸員は一人しかいないのに、いち早く博物館クラウドを使いこなす先進館。志の高さに加え、「システムはもう一人の学芸員」という嬉しいお言葉が聞けました。
<12年12月>
浜松市楽器博物館本文を読む
83 岩手県立博物館
83 岩手県立博物館
中長期計画の中で「情報公開」が取り上げられたのを機に、ACCESSから博物館クラウドに切り替え。公開準備は大変ですが、意欲的に取り組んでおられました。
<12年9月>
岩手県立博物館本文を読む
82 下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)
82 下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)
文学館と田中絹代記念館、2つの顔を持つ博物館。両方のご担当からシステムの状況をお伺いできると思いきや…驚きました。何と、学芸員が一人しかいない!
<12年7月>
下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)本文を読む
81 公益財団法人 阪急文化財団 逸翁美術館
81 公益財団法人 阪急文化財団 逸翁美術館
古くなったDBの内容を更新するために、システム再導入に踏み切った阪急電鉄グループの館。敢えて外部の開発会社に依頼したのは、大きな理由がありました。
<12年6月>
公益財団法人 阪急文化財団 逸翁美術館本文を読む
80 公益財団法人 日本習字教育財団 観峰館
80 公益財団法人 日本習字教育財団 観峰館
書道文化を扱う館だけに、画像データの充実は必須。膨大な数の資料をどう撮影するか…という難題に対し、素晴らしいアイデアを実践中。皆様、ぜひご参考に。
<12年6月>
公益財団法人 日本習字教育財団 観峰館本文を読む
79 岐阜県博物館
79 岐阜県博物館
サーバの保守期限切れに合わせてSaaSに切り替え。新環境に戸惑っておられるのでは…と思いきや、実に意欲的な姿勢でさらなる改善に取り組んでおられました。
<12年2月>
岐阜県博物館本文を読む
78 二本松市教育委員会
78 二本松市教育委員会
震災・原発事故に負けずシステム導入を実現、しかもI.B.MUSEUM SaaS! 二本松市民の宝物を守るという強い意思を目の当たりにして、逆に勇気づけられました。
<11年11月>
二本松市教育委員会本文を読む
77 北海道開拓記念館
77 北海道開拓記念館
厚紙で作ったカードが、なんと15万枚!この中から特定の資料を探すなんて…。システム化までの経緯をお聞きするにつけ、「学芸員のチカラ」を思い知りました。
<11年9月>
北海道開拓記念館本文を読む
76 小松市立博物館
76 小松市立博物館
雇用対策事業を活用してデータ整備・情報公開を行ったところ、資料の新たな側面を発見! 2度目のご登場となる学芸員に、事業の詳細を伺いました。
<11年10月>
小松市立博物館本文を読む
75 玉川大学教育博物館
75 玉川大学教育博物館
五感で感じることが資料本来の「使い方」。創立者の教えを守りながら、膨大な教科書資料を扱う個性派博物館。解体新書に触れると聞いて、インタビュアー興奮!
<11年9月>
玉川大学教育博物館本文を読む
74 岩国徴古館
74 岩国徴古館
ネットでの情報発信を始めたところ、館に寄せられる問い合わせの内容が明らかに変化!資料公開と業務負担の関係について、貴重な現場情報をいただきました。
<11年9月>
岩国徴古館本文を読む
72 世田谷美術館
72 世田谷美術館
弊社システムから他社システムに切り替えられて、最近またお付き合いが始まった館。興味深い昔話から今後の展望まで、実に多彩なお話を伺うことができました。
<11年9月>
世田谷美術館本文を読む
71 鹿児島市立美術館
71 鹿児島市立美術館
せっかく導入したシステムが、上手く使いこなせない。切り替えることになった時、現場学芸員が「教訓」として活かしたこととは? きっとご参考になる事例です。
<11年8月>
鹿児島市立美術館本文を読む
70 川崎市市民ミュージアム
70 川崎市市民ミュージアム
マンガの原画から土器の破片まで、扱う資料の幅が極端に広いミュージアム。専門が異なる2人の学芸員に同時に話を伺うと、今後の博物館運営のヒントが満載でした。
<11年6月>
川崎市市民ミュージアム本文を読む
69 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
69 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
28年間、膨大な資料を1人で管理されていた教授がご退職。大ピンチを慌てず乗り切ることができた秘訣とは? 国立大学の資料館、有意義な提言もいただきました。
<11年6月>
京都工芸繊維大学美術工芸資料館本文を読む
68 藤枝市文学館
68 藤枝市文学館
指定管理者制度から市直営の文学館へ。大きな環境変化の中で触れる管理システムは、導入時には見えなかった課題がたくさん。とても勉強になる訪問となりました。
<11年6月>
藤枝市文学館本文を読む
67 日本大学生物資源科学部博物館
67 日本大学生物資源科学部博物館
想定していた時期よりもシステム導入が早まってしまった、珍しい事例。ご担当の交代時期のインタビュー、より効率的な運用方法についての議論になりました。
<11年2月>
日本大学生物資源科学部博物館本文を読む
66 足立区立郷土博物館
66 足立区立郷土博物館
事前に館内での協議を重ね、準備万端でシステム構築に臨んだおかげで、導入も運用もスムーズのひとこと。地域の子どもたちとの接点も増えた……という成功館です。
<11年2月>
足立区立郷土博物館本文を読む
65 財団法人雲柱社 賀川豊彦記念・松沢資料館
65 財団法人雲柱社 賀川豊彦記念・松沢資料館
残念ながら見送られたものの、複数館の統合DBの構想に一緒に挑んだ同志。インタビューと言うより議論に近い空気の中、素晴らしいアイデアをいただきました。
<10年12月>
財団法人雲柱社 賀川豊彦記念・松沢資料館本文を読む
64 浜松市博物館
64 浜松市博物館
大規模な市町村合併、そしてシステム導入へ。どんなに多忙でも、常に前向き姿勢の博物館を訪問。ヒントとパワーをいただいて、インタビュアーもホクホク顔。
<10年10月>
浜松市博物館本文を読む
63 静嘉堂文庫美術館
63 静嘉堂文庫美術館
国宝をはじめとする素晴らしい収蔵品と、文化力向上に対する素晴らしいお考え。でも、システムはまだ活用前…というわけで、今回も充実した議論となりました。
<10年8月>
静嘉堂文庫美術館本文を読む
62 昭和館
62 昭和館
弊社にとって最も大規模なシステム構築事例のひとつとなった館だけに、緊張気味のインタビュアー。図書資料が多いのに博物館向けシステムを採用された理由とは?
<10年5月>
昭和館本文を読む
61 葛飾区郷土と天文の博物館
61 葛飾区郷土と天文の博物館
国民の共有財産を預かる以上、情報管理は何よりも重要。高い意識のもと、区政や教育現場への貢献にも力強く取り組む学芸員が挙げる「DBづくりのポイント」とは?
<10年3月>
葛飾区郷土と天文の博物館本文を読む
60 福井県立美術館
60 福井県立美術館
導入から時間が経っている館を中心にお話を伺ってきたこのコーナーですが、今回は最も新しいユーザ館のひとつ。作品情報のインターネット公開機能が大好評でした。
<09年10月>
福井県立美術館本文を読む
59 鉄道博物館
59 鉄道博物館
鉄道ファンにはお馴染みの、あの博物館。いつも来館者で大盛況と聞いてはいましたが、確かにウワサ通りの人気ぶり。お忙しい中、お時間を取っていただきました。
<09年6月>
鉄道博物館本文を読む
58 財団法人 上原近代美術館
58 財団法人 上原近代美術館
近所に準備室を開設されていたご縁が、システム導入に結実。館の皆さんをお訪ねしてのインタビュー、その場で議論が始まるほどの真摯な姿勢が印象的でした。
<09年5月>
財団法人 上原近代美術館本文を読む
57 兵庫県立歴史博物館
57 兵庫県立歴史博物館
子どもの頃に足繁く訪れた姫路城に再会し、ご機嫌のインタビュアー。ひとしきりお城を眺めてから臨んだインタビューでは、今回も貴重なヒントをたくさんいただきました。
<09年2月>
兵庫県立歴史博物館本文を読む
56 筑波大学芸術学系
56 筑波大学芸術学系
日本が誇る研究機関が集まるエリアに広がる、美しいキャンパス。散策気分で訪れたインタビュアーでしたが、大学の責任感あふれる言葉に背筋が伸びました。
<08年12月>
筑波大学芸術学系本文を読む
55 羽村市郷土博物館
55 羽村市郷土博物館
足かけ15年以上にわたる古参ユーザのご登場。大量のデータ処理にも真摯に取り組み、ついに完了まであとわずか! という良いタイミング。お話も、自然と前向きなものとなりました。
<08年8月>
羽村市郷土博物館本文を読む
54 鎌倉文学館
54 鎌倉文学館
地元の貴重な品々を大切に守り続ける小規模館。そこには、システムそのものよりも大事なことがある…。少数精鋭ミュージアムの本音に、身が引き締まる思いでした。
<08年6月>
鎌倉文学館本文を読む
53 中山道広重美術館
53 中山道広重美術館
日本が世界に誇る作品群を所蔵する、アートファンの隠れた名所。展覧会を満喫し、お土産も買い込んだインタビュアーでしたが…現場の苦労をお聞きして絶句!
<08年5月>
中山道広重美術館本文を読む
52 佐川美術館
52 佐川美術館
提案コンペで認めていただいた館だけに、きっとご満足いただいているはず。軽い足取りで訪問したインタビュアーでしたが…また冷や汗をかいてしまいました。
<08年4月>
佐川美術館本文を読む
51 薩摩川内市川内歴史資料館
51 薩摩川内市川内歴史資料館
システムにはデータが入っているし、インターネットにも公開中。順調に進むように見える館、でも学芸員たちは満足しない。理由は、データ項目の「欄」にありました。
<08年1月>
薩摩川内市川内歴史資料館本文を読む
50 損保ジャパン東郷青児美術館
50 損保ジャパン東郷青児美術館
学芸員の肉声を聞くために東奔西走するインタビュアー、今回はゆったり。そう、会社から最も近いミュージアムの登場です。長いお付き合いだけに、いろいろありそうですが…。
<07年12月>
損保ジャパン東郷青児美術館本文を読む
49 前橋文学館
49 前橋文学館
データ整備、システム導入、インターネットでのデータ公開。まるでお手本のように順調な館も、実は内部はシステム構築は未経験の方ばかり。それでも成功した秘訣とは?
<07年11月>
前橋文学館本文を読む
48 長谷寺宝物館
48 長谷寺宝物館
古都・鎌倉の宝物管理システム構築を、ほぼ独力で成し遂げた寺院系博物館。それは、「横のつながり」が薄いと言われるミュージアム業界の課題を肌に感じながらの作業でした。
<07年11月>
長谷寺宝物館本文を読む
47 米子市美術館
47 米子市美術館
善かれと思ったバージョンアップが逆に不便になるなど、紆余曲折が付き物のシステム導入。3世代の「I.B.MUSEUM」をご利用の学芸員に、成功の秘訣をお訊きしてきました。
<07年11月>
米子市美術館本文を読む
46 浜田市立石正美術館
46 浜田市立石正美術館
地域の人々に「私たちの美術館」と言ってもらえる存在、それはミュージアムの理想形のひとつ。今回は、規模は小さいけれど、そんな姿を実現している館にお邪魔しました。
<07年11月>
浜田市立石正美術館本文を読む
45 ホンダコレクションホール
45 ホンダコレクションホール
システムでは「資料」として扱われても、背景にはモノづくりの現場がある。社のデータを越えて、モビリティ文化の財産として扱う真摯な姿勢は、さすがのひとことでした。
<07年11月>
ホンダコレクションホール本文を読む
43 台東区立一葉記念館
43 台東区立一葉記念館
導入から約1年が経過、「そろそろ慣れていただけたかな」と出かけたインタビュアー、だったのですが…。問題は、開発側と利用側の「時間の感覚」の違いにありました。
<07年10月>
台東区立一葉記念館本文を読む
42 大分市美術館
42 大分市美術館
市販ソフトから移行するメリットは? 運用上の課題と注意点は? 市を代表する二つの文化施設で専用システム導入の実務を担った、学芸員の経験談。ぜひご参考に。
<07年9月>
大分市美術館本文を読む
41 福岡県立美術館
41 福岡県立美術館
Webブラウザ・ベースのI.B.MUSEUMとしては、初の導入館。データ入力をお手伝いしたこともあり、意気揚々のインタビュアーでしたが…ご意見をたくさんいただきました。
<07年9月>
福岡県立美術館本文を読む
40 岐阜県現代陶芸美術館
40 岐阜県現代陶芸美術館
半年のリハーサル期間を置き、万全を期したシステム導入。なのに、期限を過ぎてもいまひとつしっくり来ない。その理由は、主にコミュニケーションの密度にありました。
<07年8月>
岐阜県現代陶芸美術館本文を読む
39 岡山県立博物館
39 岡山県立博物館
収蔵品をWebサイトで公開する。いまではミュージアムの潮流でも、当時は先進事例。なんと肝心な国宝が表示されないという大トラブルを招いたのは、実は弊社でした…。
<07年6月>
岡山県立博物館本文を読む
38 八千代市立郷土博物館
38 八千代市立郷土博物館
まもなく、システムのリニューアル時期。限られた人員数でも堅実な仕事を目指し、コツコツと登録データを積み上げてきた模範館の要望とは? 具体的なお話を伺いました。
<07年6月>
八千代市立郷土博物館本文を読む
37 東北歴史博物館
37 東北歴史博物館
Webブラウザベースのシステム導入で、課題を解決して使用感も向上!ところが、逆に以前より使いにくくなってしまった部分も…。具体的なご指摘をいただいてきました。
<07年5月>
東北歴史博物館本文を読む
36 札幌市写真ライブラリー
36 札幌市写真ライブラリー
使いやすくて、問題はまったくない。どんなにお褒めいただいても、満足せずに食い下がるインタビュアー。視点を変えてみると…やはり、いくつかの改善点を発見できました。
<07年5月>
札幌市写真ライブラリー本文を読む
35 兵庫県立美術館
35 兵庫県立美術館
せっかく導入したシステムなのに、活用度はいまひとつ。その原因は「情報更新の頻度」にありました。ひとつの機能が、館運営を左右することもある…巻き返しを誓う取材でした。
<07年5月>
兵庫県立美術館本文を読む
34 (財)渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 実業史研究情報センター
34 (財)渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 実業史研究情報センター
最初の出会いは、なんと15年前。その後10年ほどの時を経て、満を持しての導入となったI.B.MUSEUM、なのですが…。細かい点で、まだまだたくさんのご指摘がありました。
<07年5月>
(財)渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 実業史研究情報センター本文を読む
33 奥田元宋・小由女美術館
33 奥田元宋・小由女美術館
一途に作品と来館者のことを思う、真摯な姿勢の美術館。現時点の収蔵品数が少ない中で、システムを有効に使うには? 専門ミュージアムで見つけた、I.B.MUSEUMの新しい活用法。
<07年3月>
奥田元宋・小由女美術館本文を読む
32 茨城県立歴史館
32 茨城県立歴史館
性格が違えば、視点も違う。「文書(もんじょ)管理」の目から見ると、収蔵品管理システムの評価もまた変わる…。歴史ある館のご指摘に、目を見開かれる思いのインタビュアー。
<07年2月>
茨城県立歴史館本文を読む
31 彦根城博物館
31 彦根城博物館
あの井伊家に残された「蔵帳」との照合が必要になる管理体制。1点に「5枚や10枚では足りない」大量の画像が発生する特殊な収蔵品。解決策はやはりデータベース化でした。
<07年1月>
彦根城博物館本文を読む
30 福生市郷土資料室
30 福生市郷土資料室
画像付き収蔵品データの公開で好評を集める「情報開示時代の先進館」は、実はなんとI.B.MUSEUMの前身システムからご利用いただく「生き証人」。満を持してのご登場です。
<07年1月>
福生市郷土資料室本文を読む
29 北区飛鳥山博物館
29 北区飛鳥山博物館
考古から浮世絵まで、極めて幅広い収蔵品を扱う博物館。管理システムの検索機能の向上を目的に計画されたリニューアルの際、学芸員が着目したのは、意外にも「入力画面」でした。
<06年12月>
北区飛鳥山博物館本文を読む
28 入間市博物館
28 入間市博物館
多数の館が「システムづくりのお手本」として挙げるザ・先進事例、実は博物館としては初のI.B.MUSEUMユーザ。ところが…インタビュアーの鼻をヘシ折るさまざまな事実が発覚!
<06年11月>
入間市博物館本文を読む
27 高松市歴史資料館
27 高松市歴史資料館
考えただけでも大変そうな、複数館合同Webサイト企画。困難を極めるデータづくりの調整作業を、どう乗り越えたのか? 貴重な事例のキーマンにお話を伺いました。
<06年10月>
高松市歴史資料館本文を読む
26 香川県文化会館
26 香川県文化会館
実に3館に渡ってI.B.MUSEUMをご利用いただいている学芸員さんのご登場。気に入っていただいているのかな、と思いきや…点数が上がらない! インタビュアー、顔面蒼白!
<06年10月>
香川県文化会館本文を読む
25 松本市立博物館
25 松本市立博物館
「市内をまるごと博物館にする」という壮大な構想で、中核施設の役割を任された博物館。考えただけでクラクラする大変な課題を、悠々と乗り超えた学芸員の信念とは?
<06年10月>
松本市立博物館本文を読む
24 トヨタ博物館
24 トヨタ博物館
多くの館が共有する、システム構築時の悩み。さすがはあの超一流企業、館内でズバッと解決なさっていました。しかもI.B.MUSEUMの看板機能で・・・真剣に必見!
<06年9月>
トヨタ博物館本文を読む
23 松山市立子規記念博物館
23 松山市立子規記念博物館
準備段階からじっくりとシステム化に取り組んで来られた、I.B.MUSEUMの古参ユーザさん。さすがに、「使えるシステム」のポイントを知り尽くしておられました。
<06年9月>
松山市立子規記念博物館本文を読む
22 出光美術館
22 出光美術館
早稲田システムが温めていた新サービス、ついに始動。しかも、モニター役を引き受けてくださったのは、あの人気館のベテラン職員! さっそく使用感を伺いました。
<06年8月>
出光美術館本文を読む
21 大分市歴史資料館
21 大分市歴史資料館
異動先の館で触れたI.B.MUSEUMに、次の異動でもまた対面。行く先々でお使いいただいている「ご縁のある」学芸員さんに訊く、収蔵品管理システムの焦点!
<06年8月>
大分市歴史資料館本文を読む
20 萩博物館
20 萩博物館
着任したばかりの学芸員が目にしたのは、8万点にも及ぶ資料を収録した台帳。自らの工夫、そして理解ある館長の励ましを背に、「萩の若手志士」が出した結論とは?
<06年7月>
萩博物館本文を読む
19 武蔵野美術大学イメージライブラリー
19 武蔵野美術大学イメージライブラリー
アートやクリエイティブが好きな人なら知らないはずがない、あの美術系大学。今回は、特別に「ユーザさん」としてインタビューに答えてくださいました。必見!
<06年6月>
武蔵野美術大学イメージライブラリー本文を読む
18 小松市立宮本三郎美術館
18 小松市立宮本三郎美術館
とある機能をフル活用するという学芸員。その理由は、「外部業者さんの負担を軽減してあげたい」という心配りでした。現場を見たインタビュアー、反省しきりの巻。
<06年6月>
小松市立宮本三郎美術館本文を読む
17 那須野が原博物館
17 那須野が原博物館
資料館から博物館への方針転換あり、仕様決定後の変更あり、市町村合併あり。さまざまな苦難を乗り越えた学芸員が語る、「あとあとまで使えるシステム」のポイント!
<06年5月>
那須野が原博物館本文を読む
16 那珂川町馬頭広重美術館
16 那珂川町馬頭広重美術館
人気の館を支える、たった2人の学芸員。しかも、館の特色は、扱いの難しい浮世絵!常に繊細な仕事が求められる日本画展示の専門家が、最も重視する機能とは?
<06年5月>
那珂川町馬頭広重美術館本文を読む
15 岡山市立オリエント美術館
15 岡山市立オリエント美術館
市販のデータベースソフトと、専用システムであるI.B.MUSEUM。一見、競合関係にあるように見える両者、実は相性抜群!? データベース活用の「裏技」をご紹介!
<06年4月>
岡山市立オリエント美術館本文を読む
14 人と防災未来センター
14 人と防災未来センター
ミュージアムの世界では特殊でも、「人々の心」には関係ない・・・。重い使命感から、退職前日に時間を割いてくださったスタッフの皆さん。厳しいご意見をいただきました。
<06年4月>
人と防災未来センター本文を読む
13 北海道立近代美術館
13 北海道立近代美術館
情報システムを導入したのはいいが、さまざまな事情から、うまく運用されていない。「改革」を任されて館に乗り込んだ管理者が見たものは・・・?
<06年3月>
北海道立近代美術館本文を読む
12 能美市立博物館
12 能美市立博物館
温かい目で地域を見守る優しい学芸員と早稲田若手SEの共作(?)による来館者向け端末が、地元の子供たちに大好評! 少数精鋭でここまで作った館の着眼点は、機能以上に「人」でした。
<06年3月>
能美市立博物館本文を読む
11 市立小樽美術館
11 市立小樽美術館
膨大な量のコレクションを管理しながら展覧会も一人で仕切る、スーパー学芸員さん。I.B.MUSEUMが大活躍と聞いて油断していたら、しっかり宿題が用意されていました。
<06年2月>
市立小樽美術館本文を読む
10 札幌芸術の森美術館
10 札幌芸術の森美術館
数は少なくても、充実した収蔵品を抱える美術館。先見の明を持つ学芸員は、「ある機能」の生みの親でもあった! ミュージアム業界のアイデアマンに伺う、I.B.MUSEUMの今昔物語。
<06年2月>
札幌芸術の森美術館本文を読む
9 横浜美術館
9 横浜美術館
10年以上の老舗ユーザさん、のはずが・・・なんと「I.B.MUSEUM離れ」を検討!名誉挽回のきっかけは、奇しくもI.B.MUSEUM 2005に搭載された新機能でした。
<06年2月>
横浜美術館本文を読む
8 千葉市美術館
8 千葉市美術館
I.B.MUSEUM最古参ユーザ登場!12年間、幾多の苦難を乗り越えた開館スタッフの貫録に、圧倒されるインタビュアー。さらに、当コーナー史上最低点が彼を襲う・・・!
<06年1月>
千葉市美術館本文を読む
7 京都国立博物館
7 京都国立博物館
日本文化を守って100年・・・悠久の時を超える国立博物館が、伝統の管理方法から脱却した経緯とは?国内屈指の文化施設、現役スタッフへのインタビューが実現!
<05年12月>
京都国立博物館本文を読む
6 船の科学館
6 船の科学館
20年にわたって培ってきた管理手法にメスを入れる。担当に抜擢されたのは、当時アシスタントの女の子! そして、明らかになった、早稲田システムの失態とは!
<05年12月>
船の科学館本文を読む
5 岩手県立美術館
5 岩手県立美術館
県立美術館の開館準備。システム導入を任された学芸員は、なんとパソコンそのものを知らなかった!短期間でここまでやり遂げた学芸員ご本人に訊く、成功の秘訣!
<05年11月>
岩手県立美術館本文を読む
4 花巻市博物館
4 花巻市博物館
予算の壁。動かしがたい課題に突き当たったシステム担当チームは、ある結論に至る。大手SI企業と専門業者にコンビを組ませよう―大胆な作戦がもたらした効果とは?
<05年11月>
花巻市博物館本文を読む
3 徳島県立文学書道館
3 徳島県立文学書道館
特殊なコンセプトを持つ館のオープンに奔走したのは、経験ゼロの元教員!地元でも評判の文化施設の基盤を創り上げたのは、未経験ならではの素直で新鮮な視点でした。
<05年11月>
徳島県立文学書道館本文を読む
2 高知県立美術館
2 高知県立美術館
莫大なリース料を支払うシステムが、実はまったく使えない!赴任してすぐに館の問題を見抜いた一人の学芸員。彼が重視したのは、東京国立近代美術館の事例でした。
<05年11月>
高知県立美術館本文を読む
1 香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム
1 香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム
膨大な作業量、でも子供たちの夢を思えばメゲるわけにはいかない!増え続ける作品と「保険」の問題に正面から挑んだ女性事務局長が身をもって得た「教訓」とは?
<05年11月>
香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム本文を読む
資料のご請求はこちらへ。 — 美術館・博物館向け収蔵品管理システムから、実務に役立つ読み物まで。

PAGETOP