HOME > 製品 & ソリューション TOP > 収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS > ビフォー&アフター 一覧 > ビフォー&アフター No.8

充実した検索機能を使えるシステムにすると…どうなる?

「充実した検索機能を使えるシステムにすると…どうなる?」

曖昧な内容の問い合わせにも
スムーズに対応できるようになります。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入前

毎日多数の問い合わせが舞い込むある館では、内容が曖昧な質問に困っていました。寄贈者の方が「ウチの祖父が寄贈したらしいのですが」と仰るのはまだしも、「こんな資料があるかないか、この日までに調べておいて」と乱暴に頼んでくるメディア関係者も。紙の台帳で調べようにも、その分野を何年も担当してきた専門職員でないと無理です…。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入後

職員の誰もが容易に応対できるようになりました。上の例では、寄贈者の方のお名前や、おおよその寄贈時期をお聞きしたら、あとは分野や受入年度などを掛け合わせて検索すれば特定が可能に。博物館クラウド[I.B.MUSEUM SaaS]の導入以降、電話口でそのまま回答できることも増えて、住民サービスも一挙に向上しました。

プラスアルファ

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]プラスアルファ

「当館はインターネット公開を行っているので、利用者の多くが電話でのお問い合わせの前に、ご自身で調べてくださるようになりました。他館への貸出を行う時にも使えますよ。検索した結果を画像付きのリストで出力して「これのことですよね?」と確認できるようになりましたので、事務面でも円滑になりましたね」

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS 体験版ID申込受付中! バナー「体験版では、I.B.MUSEUM SaaS の全機能をお使いいただけるほか、使い方のコツや動画による解説など、検討に役立つ情報が満載の特設サイトもご覧いただけます。ぜひ、ID登録を!」

  • このページをシェア・ブックマークしてみんなに教える!

PAGETOP

PICK UP