HOME > 製品 & ソリューション TOP > 収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS > ビフォー&アフター 一覧 > ビフォー&アフター No.3

資料の具体的な情報をネットで公開すると…どうなる?

「資料の具体的な情報をネットで公開すると…どうなる?」

回答に困るあいまいな質問が減って
利用者への対応がきめ細かくなります。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入前

数年に1回の頻度で、所蔵品目録を発行していた館。何を所蔵しているのか把握することにも役立てていましたが、何人かの利用者からは「なぜ毎年発行できないのか」との声が。
そうしたくても、なかなか売れるものでもないし、なにぶん予算が…と本音を言いたくても言えない状況が続いていました。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入後

最近はインターネットで資料の収蔵状況を調べる人が増えていることを受けて、紙の図録ではなく、資料検索ホームページを開設。
予算の都合上、毎年の発行が難しい図録に比べ、ネットなら随時追加できるので、資料が増えた時も大丈夫。常に最新の情報を発信できる点も魅力で、利用者からも好評とのこと。

詳しくはこちら

プラスアルファ

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]プラスアルファ

「館内には、資料データベースをネット上で公開すると問い合わせが増えて、対応が大変になるんじゃないか…という声もありました。
実際は、資料の基本情報を調べてからご連絡をくださる方が多く、あいまいな内容の問い合わせが減りました。ご質問が具体的なのでむしろ対応しやすく、専門的にお答えできるので、ご満足度も高いようですね。負担はむしろ減ったんじゃないかな」

こちらもご覧ください

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS 体験版ID申込受付中! バナー「体験版では、I.B.MUSEUM SaaS の全機能をお使いいただけるほか、使い方のコツや動画による解説など、検討に役立つ情報が満載の特設サイトもご覧いただけます。ぜひ、ID登録を!」

  • このページをシェア・ブックマークしてみんなに教える!

PAGETOP

PICK UP