HOME > 製品 & ソリューション TOP > 収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS > ビフォー&アフター 一覧 > ビフォー&アフター No.15

担当外の情報まで参照できるようになると…どうなる?

「担当外の情報まで参照できるようになると…どうなる?」

異分野の情報をうまく活用すれば
より複層的な展示企画の立案も可能になります。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入前

この総合博物館では、各担当者が個別に自分の分野のデータを作っています。ある時、美術担当者が浮世絵の展覧会を企画しましたが、作品に描かれた生活用具を館内で見たことがあるような気がしました。「作品と用具を一緒に展示できたら面白いのでは」と思ったものの、あいにく、民俗の担当者は長期出張中。結局、そのアイデアは実現できずじまい…ということがあったそうです。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入後

[博物館クラウド]I.B.MUSEUM SaaSでは、各分野ごとに特化した管理項目を運用可能。それぞれに最適な状態でデータを管理できる一方で、項目体系が異なる分野をまたぐ検索も容易です。この例の場合、別分野に登録されている「美人画のモデルが持っていた手鏡」「幕末の偉人が着ていた服と同じ種類の衣裳」といった資料を、その分野の担当者に訊かなくても探せるようになります。

プラスアルファ

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]プラスアルファ

「展示した資料の一覧を保存できるクリップリスト機能を使ってみたら、以前の展示内容を踏まえた企画を考えるのが劇的にラクになりました。また、たとえば美術と用具を互いに関連資料として登録できますから、違う分野の担当者が登録した情報を互いの分野に活用すれば、データの運用力も高まりそうです」

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS 体験版ID申込受付中! バナー「体験版では、I.B.MUSEUM SaaS の全機能をお使いいただけるほか、使い方のコツや動画による解説など、検討に役立つ情報が満載の特設サイトもご覧いただけます。ぜひ、ID登録を!」

  • このページをシェア・ブックマークしてみんなに教える!

PAGETOP

PICK UP