HOME > 製品 & ソリューション TOP > 収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS > ビフォー&アフター 一覧 > ビフォー&アフター No.14

Excelデータとの連携がスムーズになると…どうなる?

「Excelデータとの連携がスムーズになると…どうなる?」

Excelからの一括登録操作も簡単に終了!
トラブルになりがちなデータ移行もスピーディに。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入前

あるミュージアムでは、各担当者それぞれが担当分野の資料データをExcelで管理しています。館でデータを統合するために、すでにシステムも導入されていますが、各自のデータを一括登録する際に生じたトラブルが原因で、あまり使われていません。ひとつでもセルの定義と違うデータがあるとエラーが発生する上に原因のセルも特定できず、完全移行が不能となっているのです。

 

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入後

[博物館クラウド]の一括登録の操作では、Excelシートに紛れ込んでいるエラーのセルをハイライトで表示。仮登録の時点で間違いを修正することができるので、Excelに戻って巨大な表の中で間違い探しをするプロセスがなくなり、一括登録作業をとてもスムーズに終えることができました。現在も、まとまった数の資料が増えた時にも、すぐにデータベースに反映しています。

プラスアルファ

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]プラスアルファ

「[博物館クラウド]を導入してからは、新しい収蔵資料に関する起案の時点でデータベースに登録しています。起案文書に添付する資料リストを受入管理機能で作成しておくと、決裁になったらステイタスを変更するだけで、そのリストをそのまま登録データベースにできますから、とても便利ですよ」

こちらも参考に

PAGETOP

【SaaS 動画チャンネル:一括登録テンプレートデータをアップする】

iPadを利用して作品の撮影を行い、そのままシステムに登録することができます。

※動画に登場するシステム画面は古いものですが、操作手順などは変わっていません。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS 体験版ID申込受付中! バナー「体験版では、I.B.MUSEUM SaaS の全機能をお使いいただけるほか、使い方のコツや動画による解説など、検討に役立つ情報が満載の特設サイトもご覧いただけます。ぜひ、ID登録を!」

  • このページをシェア・ブックマークしてみんなに教える!

PAGETOP

PICK UP