HOME > 製品 & ソリューション TOP > 収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS > ビフォー&アフター 一覧 > ビフォー&アフター No.1

職員全員がアクセスできるようになると…どうなる?

「職員全員がアクセスできるようになると…どうなる?」

特定の担当者への負担集中がやわらぐので
館内の業務も空気も円滑になります。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入前

今まで、資料データはAさんが管理することになっていました。「この資料はどうなの?」という内部の問い合わせはもちろん、館の利用者や地域の教育者などから寄せられる疑問や質問まで、すべてAさんに集中することに。ひどい時は一日中、問い合わせ対応で終えてしまう日もありました。

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]導入後

IDとパスワードを持つ職員なら、誰もがデータにアクセス可能に。<博物館クラウド>の操作方法は、必要に応じて画面に表示されるので、「どうやって使うの?」という質問すらナシ。しかも、ネットに接続されている端末なら、タブレットPCやスマホからでも閲覧できるので、Aさんへの内線は激減しました。
こちらもご覧ください

プラスアルファ

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS [博物館クラウド]プラスアルファ

「最近は、職員の多くがタブレットPCを持ち歩くようになりましたね。出張先のホテルでも、他館との打合せの場でも、IDとパスワードでデータベースに直接アクセスできるので、私個人も使っていますよ。タブレットなら、収蔵庫にも持ち運べる上に、作品の傷などに気付いた時には、カメラのアプリを使えばシャッターボタンを押すだけで登録できます。これが一番便利ですね」
詳しくはこちら

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS 体験版ID申込受付中! バナー「体験版では、I.B.MUSEUM SaaS の全機能をお使いいただけるほか、使い方のコツや動画による解説など、検討に役立つ情報が満載の特設サイトもご覧いただけます。ぜひ、ID登録を!」

  • このページをシェア・ブックマークしてみんなに教える!

PAGETOP

PICK UP