HOME > 製品 & ソリューション TOP

製品 & ソリューション

館内の情報をチカラにする、という思想。PRODUCTS & SOLUTIONS (写真:出光美術館)

当社は、20年近くにわたり、収蔵品管理を中心とした博物館の業務支援システムの開発に努めて参りました。システム構築現場で集めた「館の実情」をもとに、現在ではさまざまなソリューションをご用意。ぜひご相談ください。

製品 & ソリューション

当社は、20年近くにわたり、収蔵品管理を中心とした博物館の情報処理システムの開発に努めて参りました。日進月歩のIT技術を蓄積する一方、博物館館長・学芸員・職員の皆様から直接お伺いしたご要望などを反映し、単なるデータベースではない「運営・業務を直接的にサポートするためのシステム」を多数の館に納入しております。

クライアント/サーバ型の収蔵品管理システム「I.B.MUSEUM」シリーズを核に、より気軽に導入いただけるSaaS型の提供もまもなく開始。そのほか、収蔵品管理システムをベースとした地域コミュニケーション支援サービスなど、さまざまなニーズに対応するソリューションを多数ご用意しております。

博物館専門のシステム開発企業として、館の運営規模・予算規模に関わらず、現状打破と将来展望に直結するプランをご提案いたします。まずは資料をご覧いただき、ご相談くださいませ。

  • 美術館・博物館向け収蔵品管理システム I.B.MUSEUM — 収蔵品管理システムのスタンダード。約300館に導入されたシステムです。
  • 美術館・博物館向け収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS — 収蔵品管理の「標準ソフト」が、いよいよSaaSで始まります。
  • ミュージアムアプリ MUSEUM APPLICATION
  • Webサイト・来館者端末構築 — 専門会社ならではの、館らしさを引き出すコンテンツ事例の紹介。
  • ユーザーサポート — システム保守から情報提供まで。専門業者ならではのサポート。

ケース別ソリューション事例

CASE 1

インターネットでの作品情報公開を実現

実務的な負担をかけることなく、作品をインターネット検索できる状態を短期間で構築しなければならない…。業務で登録する情報をそのまま公開情報にできるI.B.MUSEUM の導入で、着手からわずか4カ月での公開が実現しました。多くの館で参考になりそうな福井県立美術館の事例です。

インターネットでの作品情報公開 イメージ図

福井県立美術館 収蔵品管理システムI.B.MUSEUM 導入インタビューへ

CASE 2

フィールドミュージアム事業の複数館データベースサイト

市域全体を「屋根のない博物館」として捉えるという先進的な構想から生まれた、長野県松本市のプロジェクト「松本まるごと博物館」。多数の館の足並みを揃え、統一的な情報データベース環境を構築するという課題の解決に向けて、情報公開機能に優れたI.B.MUSEUMが選ばれました。

フィールドミュージアム事業の複数館データベースサイト イメージ図

MUSEUM ICT(ミュージアム アイシーティー)詳しい紹介へ

CASE 3

緊急雇用対策事業を用いてのデータ整備と公開

マンパワーの不足によって館内情報の整理に苦しんでいた小松市立博物館では、緊急雇用対策事業を活用し、短期集中で博物館資料のデジタルアーカイブ化を行うことを決定。I.B.MUSEUMを採用したことでスムーズな登録環境を確保しただけでなく、データ公開まで一気に実現しました。

詳しい紹介へ

美術館・博物館向け収蔵品管理システム I.B.MUSEUM 導入館の声 — 現場学芸員のインタビュー 資料のご請求はこちらへ。 — 美術館・博物館向け収蔵品管理システムから、実務に役立つ読み物まで。

PAGETOP

PICK UP