HOME > 製品 & ソリューション TOP > MUSEUM ICT

MUSEUM ICT

博物館力を、地域に活かす。MUSEUM ICT (写真:松本市博物館)

地域内ではさまざまな文化施設が作品を所蔵していますが、関連情報の管理体制はバラバラになりがちです。これらを一元的に統合して活用すれば、充実した住民サービスとなるだけでなく、地域外へのPRにも役立つはず。そこで、域内の文化系情報を集約し、Webサイト上で公開できる地域情報インフラの構築をお手伝いしています。

素晴らしい宝も、使わなければ意味がない。
博物館の収蔵品資産を、地域の力に。

美術館、文書館、歴史・民俗資料館なども含め、
各館所蔵の「文化資産」情報を地域内で統合!

Museum-ICTは、地域内の文化施設が所蔵する作品に関する情報を集約し、Webサイト上で一挙に公開できる博物館資産活用・地域ICTシステムです。域内の各館が蓄積する「地元の宝」の情報を一元的に管理する統合データベース/Webライブラリを、安価なコストで構築可能。地域の情報インフラとして住民サービスなどにご活用いただけます。

地域内外へのPRにも有効活用できる
長期的な情報インフラを構築可能。

その性格上、参加館が多いほど効果を発揮しますが、館単独での展開も可能です。また、Webサイトに市民参加コンテンツを搭載すれば、地域交流の場として、あるいは教育利用や生涯学習のツールとして発展的なWebサービスを運営することができます。構築したデータベースやWebサイトは最新情報を簡単に更新することが可能なので、地域内外へのコミュニケーション/プロモーションツールとして長期的に運用いただけます。

CASE 1

長野県松本市・松本まるごと博物館
  • 紹介記事へ
  • インタビューへ
  • サイトへ

CASE 2

香川県高松市・高松ウェブミュージアム
  • インタビューへ
  • サイトへ
資料のご請求はこちらへ。 — 美術館・博物館向け収蔵品管理システムから、実務に役立つ読み物まで。

PAGETOP

PICK UP