HOME > ニュースリリース ― 「クラウド時代のミュージアム情報力」発行のお知らせ

ニュースリリース

2011年10月18日

「クラウド時代のミュージアム情報力」発行のお知らせ

 
弊社では、博物館各館や自治体を中心としたミュージアム関係各位のお役に立つサービスの推進を目指しておりますが、このたび、「クラウド時代のミュージアム情報力」と題した小冊子を発行いたしましたので、お知らせいたします。

クラウド・コンピューティングは、インターネット上のシステムをシェアして利用することにより、コストと管理負担の劇的な低減を実現するシステム形態で、ここ2~3年、ITの大きな潮流となっています。同冊子では、約20年に及ぶ博物館システムの構築経験を踏まえて、ミュージアムがクラウド・コンピューティングを活用していくことができるかを考察したものです。

博物館を取り巻く環境は厳しさを増し、より少ないコスト、より少ない人員で、多くの成果を求められています。博物館の情報システムは人員の不足を補い、学芸員の業務成果を最大化することが目的とされていますが、情報システムをローコスト化するクラウドコンピューティングは、額面通りであればミュージアムにとって大変な力となりえるものです。しかしながら、期待されるほど浸透していないのが現状です。同冊子では、数多くの事例をもとに博物館システムの在り方を考え、それをクラウドコンピューティングの形態に移す上での障害とその克服方法を考察し、よりローコストで博物館が「強い情報力」を纏っていく方向性を導き出すことを試みました。

また弊社では、東日本大震災被災資料のデジタル化を支援しており、その活動の中でクラウド型システムを活用しています。同冊子ではその活動の一端を報告させていただき、ミュージアムにとっての新しいIT活用法を考える一助になればと考えております。

今回の小冊子の刊行にあたっては、弊社とのお取引の有無にかかわらず、博物館・自治体・関連機関の皆様に限り、無料でお分けいたします。なにぶん手製のものですので製本の完成度は高くありませんが、掲載情報の内容そのものは、きっと皆様のお役に立つものと自負しております。

また、弊社製品・サービスのご案内だけでなく、業界全体への貢献を意図した様々な資料をご用意しております。つきましては、当サイト内の資料請求フォームにて、ぜひお気軽にお申込みくださいますよう、謹んでご案内申し上げます。

ご請求・お問い合わせは、こちらまで



冊子概要


【タイトル】
クラウド時代のミュージアム情報力

【判型】
A4モノクロ

【ページ数】
48ページ

【内容】
巻頭特集 東日本大震災被災資料救済への取り組み~陸前高田被災資料デジタル化プロジェクトの中間報告
第1部   ミュージアムの業務とIT
第2部   ミュージアムの情報発信
第3部   ミュージアムのIT調達
第4部   ミュージアムとクラウド・コンピューティング
再録    MAPPS Seminar


本プレスリリースに関するお問い合わせ先は、こちらまで。
早稲田システム開発株式会社 (担当:岩織)
E-MAIL: sales@waseda.co.jp
TEL:03-6457-8585 FAX:03-6279-3333
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-40-17 Foresight高田馬場4階

※本広報資料の転載・引用につ きましては、ご自由にご利用ください。

PAGETOP

PICK UP

  • MAPPS -Museum Archives Platform Projects-(マップス -ミュージアムアーカイブス プラットフォーム プロジェクツ-
  • I.B.MUSEUM SaaS ENTRANCE
  • 学芸員オンライン -頑張れ、ミュージアム。学芸員を応援する情報サイト。-