HOME > 会社情報 ― 製品・サービス概要

製品・サービス概要

いつも、館を中心に考える姿勢で。PRODUCTS & SERVUCE (写真:葛飾区郷土と天文の博物館)

製品・サービスづくりの基本姿勢

近年、ミュージアムの業務は多様化の一途を辿っています。収蔵品の管理や展覧会のみならず、教育機関をはじめとする地域の施設との連携なども求められるようになる一方、人員増を見込めない館が多く、学芸実務から事務に至るまで多忙さは増すばかりです。
 そこで当社では、現場の業務体系との連携を強く意識したシステムやサービスの開発を推進。収蔵品データベースとしての役割だけでなく、学芸員・職員の業務動線とリンクする機能を多数盛り込み、館運営全体の支援力となることを目指しています。

館の業務に即応できる製品・サービス体系

収蔵品管理システムの導入を上流に、館が抱える業務上の課題そのものをサポートできるよう製品やサービスを博物館実務に合わせる形で配置。収集・受入業務から展示に至るまでの館運営・学芸関連業務にシステム機能を対応させることはもちろん、近年重視され始めている地域社会への貢献活動にも役立つサービスの提供まで、あくまでも「館が中心」の製品・サービスづくりを行っています。

当社の製品・サービス I.B.MUSEUM I.B.MUSEUM SaaS | MAPPS Webサイト・来館者向け端末 MUSEUM ICT 学芸員オンライン | MAPPS 情報サービス

失敗しないシステム導入を目指すために

業種が専門的である上に、それぞれ扱う情報や業務の内容がまったく異なる博物館。安易にシステムを導入すると、「思い描いていたイメージとは異なる」と後悔することにもなりかねません。そこで当社では、開発中の段階で機能や使い勝手を逐一ご確認いただける「オープンプロセスサービス」を導入。さらに、システム内外の関連ニュースや、実際に構築に携わった先行事例の担当者の肉声をお届けする情報サービスなどを通じて、システム構築前から館の皆様をサポートしています。

  • オープンプロセスサービスはこちら
  • 情報サービスの一環「Voice & Report」のコーナーもぜひご覧ください。

PAGETOP

PICK UP